て 参考 敬語 にし ください て 参考 敬語 にし ください

会費その他の詳細につきましては変更ありませんので、前回の配布資料をご参照ください。

て 参考 敬語 にし ください て 参考 敬語 にし ください

また、たくさんの資料を頂戴し、今回の経験を無駄にしないよう今後の業務において参考にさせていただきます。 html 「とんでもございません」の間違いをわかりやすく記述している。 ご参考いただきますようお願い申し上げます• ですので、正しい敬語表現としては、 「(ご)参考にしてください」となります。

1
て 参考 敬語 にし ください て 参考 敬語 にし ください

参考にさせていただいたものとして 出典元への敬意を表現しています。 したがってもっと丁寧な敬語フレーズを使うほうが無難ですね。

て 参考 敬語 にし ください て 参考 敬語 にし ください

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。

8
て 参考 敬語 にし ください て 参考 敬語 にし ください

これは、「以下の資料内容は参照して判断する一つの材料というくらいに考えてください」という意味になります。

15
て 参考 敬語 にし ください て 参考 敬語 にし ください

もちろん、時と場合によりますが、状況によっては「ここではあまり自分の主張をしすぎない方が良いな」と感じることもありますよね。

7
て 参考 敬語 にし ください て 参考 敬語 にし ください

ご参考いただきたく存じます• そういう意味で「ご参考にどうぞ」はすばらしく丁寧なフレーズと言えます。