特徴 あきたこまち 特徴 あきたこまち

最後の手段!秋田県の気候にあった酒米を作って天下をとる!• に対する抵抗性には優れるものの、ササニシキと同じく耐倒伏性には弱い。

7
特徴 あきたこまち 特徴 あきたこまち

開発は1988年から始まったそうなので、10数年の月日をかけて開発に成功した品種なんです! どうして、ここまでの長い年月をかけて開発し続けたのか?その理由を簡単にお伝えすると、• さらに、玄米や発芽玄米の状態で食べる際にも、 通常の玄米などと違ってパサパサしにくいので、 美味しくただくことが出来ます。

特徴 あきたこまち 特徴 あきたこまち

おいしく炊くには あきたこまちは吸水性が悪いので、おいしく炊くためには、 給水時間を長くとることと、水加減も多めにするのがポイントです。

4
特徴 あきたこまち 特徴 あきたこまち

生産地である秋田県湯沢市は、美味しいお米を育てるために重要な大きな寒暖差とキレイな水が揃っています。 そのためとしての裏付けはなく、隣県のをはじめ、、・、まで広く栽培されている。 秋田酒こまちの品種特性 秋田酒こまちはまさに次世代のハイブリッド品種と言える特性を持っています。

特徴 あきたこまち 特徴 あきたこまち

・忘れがちなのは、炊飯器のお手入れで内フタ、蒸気口、庫内は 炊飯後、洗ってお手入れしましょう。 そのため、味の良いお米を買いたい方は、特A評価を獲得したことがあるお米を選ぶことも一つの選択肢です。 あきたこまちとコシヒカリの違い【発祥産地】 あきたこまちは名前の通り秋田県で作られたお米です。

20
特徴 あきたこまち 特徴 あきたこまち

冷蔵庫の野菜室はおすすめの保存場所で、常温保存の場合と比較して おいしさが長持ちすると言われています。 「楽しくなければお米ではない!」をモットーに、お米の魅力を伝えるべくイベント開催やワークショップ、講演を精力的にこなす。

18
特徴 あきたこまち 特徴 あきたこまち

おいしく炊くには、水と炊飯器のお手入れが大事 お米は栄養もあり、ファーストフードとして おにぎりは魅力的ですね。 コシヒカリは秋田の気候に合わず栽培できなかったため、福井県農業試験場で交配されていたコシヒカリと奥羽292号を譲り受けました。

11
特徴 あきたこまち 特徴 あきたこまち

刺身やお寿司にも良く合います。 皆瀬川や役内川沿いに豊かな水田地帯を形成しているため、上質な水であきたこまちが育てられています。 による食味試験でも高い数値を出し、には秋田県の奨励品種に採用された。

20