アムコ く うねる アムコ く うねる

【0043】 図22(a)〜(d)は各エアクッション10,10から得られた被験者F,Gの検出信号の原波形であるが、その一部を拡大した波形が図23(a),(b)である。

11
アムコ く うねる アムコ く うねる

しかし、しのぶは、立てない、失血で、左の肺もざっくり斬られ、息ができないと、答えます。 無力な自分を、しのぶは嘆き、悲しみます。

アムコ く うねる アムコ く うねる

【図11】図11(a)は、被験者Bの上記信号波形のカオス解析により得られる原波形、1階微分波形、2階微分波形のリアプノフ指数の時系列波形であり、(b)は原波形、1階微分波形、2階微分波形のリアプノフ指数の周波数スペクトルを示した図である。 さらに、エアクッションを三次元立体編物の一面に保持したベルト状あるいは腹巻き状のものを製作し、この三次元立体編物を腹部に巻き付けるようにしても、容易に脈波を測定できる。

11
アムコ く うねる アムコ く うねる

しかし、目の前にいる大人たちは、それを受け入れることができず、あろうことか子供の自分に、口を揃えて、 「極楽に導いてほしい」 と頭を下げる。 閾値は、腹部大動脈瘤を有する場合の被験者の位相差をできるたけ多く測定して定めておくことが好ましい。 その結果、信号波形間のずれ度合いが所定の閾値以上か否かにより、腹部大動脈溜の疑いがあるかどうかが上記のように出力される。

アムコ く うねる アムコ く うねる

こころは涙を流しながら試作のテストは十分できたはずだと言い、下着を着けて部屋を出ていきます。

8
アムコ く うねる アムコ く うねる

【発明の詳細な説明】 【技術分野】 【0001】 本発明は、脈波によって生じるエアクッションの空気圧変動の信号波形から腹部大動脈瘤の有無を簡易的に検出する腹部大動脈瘤検出装置に関する。

14