アレックス ガンプラ アレックス ガンプラ

股下にはアクションベース用の穴は空いていませんが、足裏に肉抜きが無いこの時代特有の作りです。 ボウワ社のビーム発振器に、ノーフォーク産業の収束装置とハウジングが採用され、高い出力と貫通力を発揮する。

アレックス ガンプラ アレックス ガンプラ

モビルアーマーのほとんどは旧キットだけだったり、ROBOT魂 ver. 作品の主人公が搭乗しないという珍しい設定をもつ。

19
アレックス ガンプラ アレックス ガンプラ

仕事が予定外に早く終わったので、ここ二か月、アホ程散財した結果、たまりまくっているポイント消化のために某量販店で仕入れてきました。 これについて、アムロは反応速度の向上を歓迎しつつも、機体構造にかかる負担が増えることには不安を述べる。 機動戦士ガンダム0080のガンプラは他にもいろいろと発売されているので、他にも集めたくなりますね。

13
アレックス ガンプラ アレックス ガンプラ

漫画『』では、ガンダムNT-1は「G-4計画」という一年戦争末期にRX-78-3(G-3ガンダム)を開発母体とした次期構想機として計画された機体の一種で、宇宙軍主体で開発が進められたという。 0 塗装済み完成品 こちらは完成品コレクターさんからの委託販売品となります。

14
アレックス ガンプラ アレックス ガンプラ

機体上面左右にマウントされているウェポンコンテナは複数の武装が三段重ねになっており、前面からミサイルコンテナ、5連装ビームポッド、大型クローの順番に配置される。

アレックス ガンプラ アレックス ガンプラ

当たり前ですが、スケールが上がっただけではなく「色分け・可動域」をはじめ、あらゆる面で今回のMG Ver. 前腕部とカバーの間にガトリングを挟めば、差し替えでガトリングが展開可能です。 ガンキャノンも腕に可動用のパーツが使われていたり、コア・ブロックからコアファイターへの変形ギミックがあったりなど、当時としては頑張っていたキットでしたよね。

19