数値 実 素早 さ 数値 実 素早 さ

例えば「チーター」という「種族」は「足が速い」「犬」という「種族」は「嗅覚が優れてる」のような感じでそれぞれ特色がありますよね。 その耐久指数とは、高ければ高いほど耐久がある、とだけ知っておくだけで構いません。

数値 実 素早 さ 数値 実 素早 さ

しかし、仮に相手のフライゴンが最速だった場合、フライゴンに抜かれて先制を取られてしまいます。 例7:ハピナス HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 ハピナス 255 10 10 75 135 55 このポケモンでも、防御・特防まんべんなく受ける場合には H振りよりもBD振りを優先すべきです。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。

8
数値 実 素早 さ 数値 実 素早 さ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 質問者様がLv50戦・Lv100戦どちらを想定しているのかで 少々振り方が変わってきてしまいます。 次から8振りで1ずつ上昇。 実際には細かく努力値調整が行われますが、説明のため思い切って「陽気ASぶっぱ残りH」と「陽気DSぶっぱ残りA」で比較してみたいと思います。

13
数値 実 素早 さ 数値 実 素早 さ

フライゴン」はどちらもドラゴンタイプなのでお互いがお互いの弱点を突いています。

数値 実 素早 さ 数値 実 素早 さ

個体値カリキュレーターでレベル50の85族や93族、95族のポケモンを調べてみました ちなみにレベル50、バトルサブウェイ、Wi-Fi対戦を考えています。 さみしがりで下降補正をかけたうえ、防御個体値が17以下のときに防御の実数値も201以下になります。 先に結論を言ってしまえば、ランターンのHC252 使用努力値504 の耐久と火力は、H12 B100 C252 D116 使用努力値480 とほぼ同じになります。

14
数値 実 素早 さ 数値 実 素早 さ

おかしな調整ですよね… しかしどれだけ技の性能が良くても、覚えるポケモンがパラセクトなら何も問題はなかったのです。 すたーでした。

14
数値 実 素早 さ 数値 実 素早 さ

補足:何度も書きますが、ポケモンにおいて端数は切り捨てされているため、無駄に振られている努力値はこの計算式には現れません。 ポケモンの例は、使用率上位の「素早さ調整の対象にされやすいポケモン」を中心に記載しています。

16
数値 実 素早 さ 数値 実 素早 さ

ただ、これはあくまでHC252振りとの比較であり、基本的にはアタッカー型ランターンはBC252やCD252に振ることが多いです。 基本は素早さを最速にする (ポケモン育成論) 色々お伝えしましたが、 基本は素早さは最速にするのが無難です。 あと気になるのはギガイアス(素早さ種族値25、最遅の実数値27)、シロデスナやバンバドロ(素早さ種族値35、最遅の実数値36)、トリトドン(素早さ種族値39、最遅の実数値39)あたりでしょうか。

数値 実 素早 さ 数値 実 素早 さ

単純計算で404もの努力値が無駄になるのに等しいため絶対に止めましょう。

14