劇 藤田 まこと 時代 劇 藤田 まこと 時代

益田忠六 -• 永山精之助 -• 、158頁。 安浦刑事(藤田)の人情味あふれる捜査がみどころだった。 (1980年、松竹) - 下見沢作雄 役• 伊勢屋宇兵衛 -• 8 だれかが風の中で / 上條恒彦• 谷鎌之助(常陸笠間藩剣術指南候補) -• しかし、半年後には、新たなキャラとして加わっているのだから、その絶大なる人気ぶりは推して知るべし。

18
劇 藤田 まこと 時代 劇 藤田 まこと 時代

「サンマッサー」• 制作 - 、• 大首の仁助(ならず者) -• 大月弥怱次(曽我の家来) -• 」 や・ら個性的なレギュラー陣のギャグも大当たりとなり、1968年まで放映された。

13
劇 藤田 まこと 時代 劇 藤田 まこと 時代

おうの(女中) -• (田沼意次の娘・男装の女武芸者) - (第1作 - 第4作)、(第6作 - )• 仁助 -• 内田久太郎(の元門弟) -• 芸人は道の脇を歩け。 (金太郎の師・の友人) -• 藤堂鉄之助(若侍) -• 、、、、、 第17話「兎と熊」• 宗次 -• 藤田は山内から「主役はやけど、あんたは人間の善と悪の二面性を出してくれ」といわれた。

14
劇 藤田 まこと 時代 劇 藤田 まこと 時代

、6・8頁。

劇 藤田 まこと 時代 劇 藤田 まこと 時代

(前身。 出世武士道(、)• 山路寿仙 -• 『あやしい家族、です』(1989年8月3日) - 田代圭策 役• (弥七の手下) -• 近江屋伊助(お初の父) -• 彦坂又八郎 - 第4話「冬木立」• 川井右近 -• 「余分なところがないと、いいものはできない」という考えから、作品を作るにあたって「大きな絵を描いて、そこから余分なものを削っていって、無駄をそぎ落としていく」ことをよしとした。

劇 藤田 まこと 時代 劇 藤田 まこと 時代

、142頁。 越後屋弥兵衛(半太郎の父) - 草薙幸二郎• てなもんや三度笠• 『あかとんぼ』(1978年9月10日)• それが裏では恐ろしいほどの冷徹さを持つ殺し屋なのだ。

5
劇 藤田 まこと 時代 劇 藤田 まこと 時代

しかし、が発生したことによりこれを取り止め、日を改めて同年に、、、らを発起人にで『藤田まことさんを偲ぶ会』が「藤田まこと 役者人生最後の花道」と銘打って行われ 、当日は、、、など、藤田にゆかりのある関係者が出席し、藤田を偲んだ。

劇 藤田 まこと 時代 劇 藤田 まこと 時代

『旅役者葵長五郎』(1995年1月7日放送) - 葵長五郎 役• (2006年1月2日) - 大久保彦左衛門 役• 大野(浪人) -• 戸塚睦夫(てんぷくトリオ). 再放送 [ ]• 山本源太郎(孫介の息子) -• 、160頁。 (剣客・の師匠筋) -• 森まゆみ『大正美人伝 林きむ子の生涯』、2000年。 和泉屋吉右衛門(三冬の母方の伯父) -• 放送枠は「」(第1作 - 第3作)、「」(第4作)。

9
劇 藤田 まこと 時代 劇 藤田 まこと 時代

浅田忠蔵(の友人・道場主) -• 首領への道10• 小僧 - 第7話「騙された男」• 藤田はについて、「技術革新が進むことについては賛成」としつつ、ハイビジョン撮影された映像は「光と影の交わった部分の微妙な部分の味わい」が消えてしまい、人々の微妙な機微を表現できないという理由からハイビジョンでの撮影に否定的だった。