風邪 な よ ひく サンジ 風邪 な よ ひく サンジ

目の前のゾロの顔さえ、輪郭がはっきりと取れない有様だ。 テーブルに置かれた酒を手酌で飲む。 「いえ、そんなことはなんだけど・・・。

9
風邪 な よ ひく サンジ 風邪 な よ ひく サンジ

だが、ゾロは敢えてその言葉を使う。

1
風邪 な よ ひく サンジ 風邪 な よ ひく サンジ

それでもどうにか力を入れようとするサンジの頬を、ゾロはやわらかく指先で撫でた。 「でもインフルエンザの注射してんだろ?」 「してるけど、すんじゃねえ!!」 すごい顔とひときわ低い声で睨まれた。 薬は飲んだんだな」 ゾロが言うとまたうなずいて、熱い息を吐いて目を閉じた。

風邪 な よ ひく サンジ 風邪 な よ ひく サンジ

もうあんな美味しいの2度とないんだろうな。

18
風邪 な よ ひく サンジ 風邪 な よ ひく サンジ

今度はゾロがしてやったりと、ガッツポーズを取る。 若い男だし、いろんなことに興味を持つだろうし・・・・私はいつか振り向かせてみせる。 勿論、ロロノア・ゾロの胃は痛みを感じているわけではない。

2
風邪 な よ ひく サンジ 風邪 な よ ひく サンジ

・・・・・・俺はコイツに本気で惚れてんだと気づいた。 「ほんとに、もう動けねえ…」 -------------------------------------------------------------------------------- 19RFの企画用。 「サンジ!!」 ルフィは倒れたサンジにかけより、上半身を抱えた。

7
風邪 な よ ひく サンジ 風邪 な よ ひく サンジ

片手に盆を持ち、もう片方に極限まで光を絞ったランプを持っている。 少なくとも、俺はアイツにそれを求めている。

7
風邪 な よ ひく サンジ 風邪 な よ ひく サンジ

部屋に戻る」 立ち去ろうとするゾロにナミの声がまたも届く。 「・・・・ゾロ?」 「くだらねぇ話で呼び止めんじゃねぇよ」 言いながら今度こそ席を立つ。 「・・・どしたの、それ」 少し頭を起しただけでも眩暈が酷い。