アザミ 効果 マリア アザミ 効果 マリア

その中でも有名なのが インドのアーユルヴェーダで、この方法は西洋医学に頼らず、 生薬で体内の毒素を排除するという理論に基づいています。 マリアアザミ(ミルクシスル)のドイツの研究結果はあるの? マリアアザミ(ミルクシスル)は、 ドイツでは30年以上前から医薬品として用いられたというお話をしましたが、医薬品として認可されるうえで必要となる研究報告文書の内容をご紹介します。

アザミ 効果 マリア アザミ 効果 マリア

一度に摂るようなことはせず、朝・昼・晩の三回など、 推奨量を一日数回に分けて摂りましょう。 とりわけ 前立腺ガンには強力な予防・抗癌効果を持ち、他にも、 卵巣ガン、皮膚ガン、肺ガン、子宮頸ガンなどにも予防効果があることがわかっています。 【副作用および使用上の注意】 ミルクシスルやその成分のシリマリンには ほとんど副作用が無い ことが多くの臨床試験で示されています。

アザミ 効果 マリア アザミ 効果 マリア

アレルギーのある方、特にキク科植物にアレルギーがある方は使用に注意が必要です。 (更年期の症状緩和)• シリマリンには肝細胞のダメージを減らして 肝細胞の再生補助を行い、さらにタンパク質の合成補助も行ってくれる働きがあるので、肝臓の機能が衰え気味の人にとっては非常にありがたい成分なのです。

4
アザミ 効果 マリア アザミ 効果 マリア

肝臓は有毒物質を分解・無毒化する臓器でもあるためデトックス用としてや、抗酸化ハーブとしても注目されています。 マリアアザミの効果・効能 マリアアザミは、次の疾患・症状に対する効果効能が期待できます。 シリマリン及びシリビニンは、副作用なく抗うつ作用が得られる優れた成分と言えるのです。

15
アザミ 効果 マリア アザミ 効果 マリア

がん細胞のワールブルグ効果を阻害するシリマリン 【ワールブルグ効果をターゲットにしたがん治療が注目される理由】 抗がん剤は、がん細胞が増殖するために必要な物質の合成やシグナル伝達系や細胞構成成分の働きを阻害することによって、その効果を発揮します。 糖尿病の予防• マリアアザミの効能 マリアアザミとは、別名「オオアザミ」や「ミルクシスル」とも呼ばれるキク科のハーブです。 その特徴的な名前は 聖母マリアの乳に由来していて、 葉に見られる白いまだら模様が、まるで聖母マリアのミルクがこぼれたように見えるために、マリアアザミもしくはミルクシスルと呼ばれるようになったと言われています。

18
アザミ 効果 マリア アザミ 効果 マリア

また、このシリマリンは肝臓のタンパク質合成の作用もあり、肝臓細胞の再生能力を上げてくれます。