考える 人間 ある は 葦 で 考える 人間 ある は 葦 で

『パスカル 数学論文集』 訳、、2014年• 英語 The most important thing in life is the choice of occupation. 17世紀フランスの思想家パスカルのことば。 われわれが立ち上がらねばならないのはまさにそこからであって、われわれが満たすことのできない時間や空間からではない。 それゆえ現代でも世界中の人々によって読み継がれているのである。

12
考える 人間 ある は 葦 で 考える 人間 ある は 葦 で

考える葦。 たいていの場合、何かを知ろうとする人は、ただそれについて他人に語りたいからだ。 もちろん、スピリチュアルな視点から、葦にも心があって叡智が備わっていると考える人もいるかも知れないのですが、とりあえず見た感じでは葦が何かを考えていると理解することは難しいことのように思えます。

12
考える 人間 ある は 葦 で 考える 人間 ある は 葦 で

少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。 スポンサーリンク 投稿日: 作成者 カテゴリー , タグ , , ,. 印象的で含蓄のある表現も多数含まれており、それらは現在でもしばしば引用句として使われ続けている。 英語では、 フランス語では、 これらの言葉を日本語訳にしたものですが、意味としては 「人間は、自然のうちで最も弱い一本の葦にすぎない。

1
考える 人間 ある は 葦 で 考える 人間 ある は 葦 で

なお、日本大百科全書の解説によると、考える葦は、• 「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられています。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。

3
考える 人間 ある は 葦 で 考える 人間 ある は 葦 で

しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「気晴らし」に耽り考えることをしなければ、みじめさを自覚することはない。

12
考える 人間 ある は 葦 で 考える 人間 ある は 葦 で

パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、 精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、 運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、 この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。 Blaise Pascal(1623~1662) フランスの哲学者・数学者・物理学者。 宇宙はそんなことは知らない。

2
考える 人間 ある は 葦 で 考える 人間 ある は 葦 で

人間は、自然のうちでもっとも脆い葦でしかない。 17歳の時には、の構想・設計・製作に着手し、それを見事に2年後に完成させた。 あらゆる物体と精神とから、人は真の愛の一動作をも引き出すことはできない。

考える 人間 ある は 葦 で 考える 人間 ある は 葦 で

ただし、短命であり、三十代で逝去している。

6
考える 人間 ある は 葦 で 考える 人間 ある は 葦 で

殺さないことだろうか。