Baby はたらく 細胞 Baby はたらく 細胞

親指を立てるのが合図で、仕事時以外ではゴルフのスイングの練習をするなどコミカルな部分もある。 戦闘に関しては容赦が無く、外敵駆除後も返り血まみれの姿で平然と闊歩している。 樹状細胞などから抗原提示を受けることでエフェクターT細胞として活性化し、各種T細胞へ分化する。

Baby はたらく 細胞 Baby はたらく 細胞

動き出すや否や、誰にも止められない強さで敵味方関係なく攻撃し暴れ回って体内を破壊、最後は「電池切れ」(アニメ版では「有効成分切れ」)で沈黙する。 また、唯一マクロファージに対しては敬語で話す。 最終回は、5人の「まだ余裕でレポートできる」発言を「」の取材同行スタッフに録音され、いくらでも続編が作れるような終わり方になっている。

Baby はたらく 細胞 Baby はたらく 細胞

マスクをして、で働くような格好をしている。 喧嘩の中で八つ当たり気味にヒスタミンを放出するなど、職務への忠実度は低い。

10
Baby はたらく 細胞 Baby はたらく 細胞

このキャラのデザイン自体は読み切り作品『細胞の話』での白血球が持つスタンプカードが初出で、原作第1話でも一般細胞の集合住宅の看板や気管支の看板に描かれている。

Baby はたらく 細胞 Baby はたらく 細胞

リーダー格の個体は、老婆の姿をしている。

8
Baby はたらく 細胞 Baby はたらく 細胞

湿気を好み、不衛生な宿主ので仲間(観衆や追っかけのファン)を増やそうとした。

14
Baby はたらく 細胞 Baby はたらく 細胞

抗原の記憶についての表現は、初登場時は「いいつたえメモ」という形で代々残されてきたものという描写で、それ以降はB細胞と共有のオフィスに書類や模型等の形で抗原のサンプルデータが保管されているという描写になっている。

7