ツイッター 釈迦 ツイッター 釈迦

こうしてお釈迦さまが出家される時の、 「 やがて必ず悟りを開き、仏陀となってこの子を見るであろう」 という言葉が達成され、限りない宝を与えることができたのでした。

ツイッター 釈迦 ツイッター 釈迦

すなわち釈迦はここでアーナンダなどとともに安居に入り、他の弟子たちはそれぞれを求めて安居に入った。 難陀(Nanda)とは、歓喜。

10
ツイッター 釈迦 ツイッター 釈迦

しかも、どちらかといえば、私には 仏陀(ぶつだ)になられるように感じます。

5
ツイッター 釈迦 ツイッター 釈迦

このことは、人生を真面目に見つめないと、 なかなか起きてこない悩みです。 それ以降、太子は一人で学問に励んだり、 武芸の鍛錬をされるようになりました。

12
ツイッター 釈迦 ツイッター 釈迦

嘆くなかれ。 漢訳では 瞿曇悉達多(くどんしっだった)である。

5
ツイッター 釈迦 ツイッター 釈迦

やがてここを去って Beluva 村に進み、ここで最後の雨期を過ごすことになる。

15
ツイッター 釈迦 ツイッター 釈迦

ここで四大教法を説き、仏説が何であるかを明らかにし、戒定慧のを説いた。

ツイッター 釈迦 ツイッター 釈迦

永年しばしば訪れたウデーナ廟、ゴータマカ廟、サッタンバ廟、バフプッタ廟、サーランダダ廟などを訪ね、チャーパーラ霊場に着くと、ここで聖者の教えとについて説いた。 『因果経』3では、牧牛女人で彼女の名を難陀婆羅(ナンダバラ)という。 ある晩、シッダルタ太子は、ヤショダラ姫と一緒に寝ているラーフラを見て、 「 やがて必ずを開き、仏陀となってこの子を見るであろう」 とつぶやかれると、みんなが寝静まっている間に、城を抜け出して、出家してしまったのでした。

9
ツイッター 釈迦 ツイッター 釈迦

この壺は当時のイギリス領インド政府からタイ王室に譲り渡され、仏舎利の一部は日本ではに納められている。

18