つ 人 ば を 二 呪わ 穴 つ 人 ば を 二 呪わ 穴

また、 「神の国と神の義とを求めなさい」とは、「自分の中の神の国(真我)に生きる自分」と成って「一つ心の世界・一ついのちの世界」すなわち「己を愛するように人を愛する世界」 に生きなさい、ということです。

4
つ 人 ば を 二 呪わ 穴 つ 人 ば を 二 呪わ 穴

英語のことわざの由来は、キリスト教の教えが元になっています。 漱石は晩年「天に則(のっと)り私を去る」という意味の「則天去私(そくてんきょし)」の理想を掲げていましたがその境地に至ったかどうかは定かではありません。 人を陥れようと密かにやったつもりでも、自分も同じ仕打ちにあうと覚悟する必要がある。

つ 人 ば を 二 呪わ 穴 つ 人 ば を 二 呪わ 穴

自分までも破滅し、時には命さえ失う程の破壊力があります。 どうやら肉体我に止まる小さな心から、心には形がなく区切りがなく境がなく、 しかも欲の心や見栄の心やまた欲や見栄の為の学びの心 など、苦しみを伴う自我の心の世界から、さらに進んで「一つ心の世界・一ついのちの世界」に目覚めてその大きな世界に入っていくと、自我の境界線が少しずつではありますが開いて世界や宇宙と一つになることができるようになります。

10
つ 人 ば を 二 呪わ 穴 つ 人 ば を 二 呪わ 穴

むちゃな仕返しなんか考えるんじゃない。 つまり私たちの青少年時代の自我形成の時に出来上がった「唯物肉体論的自己像」にその第一の原因があると考えます。 忘れるのです。

12
つ 人 ば を 二 呪わ 穴 つ 人 ば を 二 呪わ 穴

人を陥れようとすると、自分もまた同じ目に遭うというたとえ。

つ 人 ば を 二 呪わ 穴 つ 人 ば を 二 呪わ 穴

人間の持つ利己の心がいかに人を狂わせるか、 利己主義を超える道を生涯のテーマとして模索していた漱石の傑作です。 他人の考えていることがわかりすぎてしまい、裏の気持ちまで読み取れてしまうのです。

9
つ 人 ば を 二 呪わ 穴 つ 人 ば を 二 呪わ 穴

という手法です。 前を見て、未来志向を大切にしていくこそが、より楽しい人生を送ることができる秘訣です。 だって呪った時点で、自分も死ぬのですもの。

5
つ 人 ば を 二 呪わ 穴 つ 人 ば を 二 呪わ 穴

人をおとしめたら、自分が人から謀られる時が来ます。 また、同じ意味の英語で「Curses like chickens come home to roost. また、「やられたらやり返す」はやられた方の心理をことわざとしています。 その昔、信頼していた叔父に裏切られ財産をかすめ取られ奪われた地獄のような日々があったということです。

13
つ 人 ば を 二 呪わ 穴 つ 人 ば を 二 呪わ 穴

陰陽師が人を呪い殺そうとした時、呪い返しにあうことを覚悟して、自分の墓穴も含めて2つ掘らせた 「人を呪わば穴二つ」という言葉を娘につかいましたが、娘は誰かに仕返しをしようとしたわけではありません。

10