女 宮廷 の 諍い 女 宮廷 の 諍い

その際「眉荘の妊娠は偽装であり、月事(月経)で汚れた下穿きを隠せと証拠隠滅を命じられた」と嘘を証言した。

2
女 宮廷 の 諍い 女 宮廷 の 諍い

その後も「ミーユエ 王朝を照らす月」「月に咲く花の如く」と時代劇のヒット作を連発しているが、スン・リー本人にとっては忘れがたい作品であり、「自分の気持ちの問題で、あれを超える作品に出会うのは困難」とも語っている。

9
女 宮廷 の 諍い 女 宮廷 の 諍い

一時重体に陥るが、温太医の治療により回復。 皇帝が自分を忘れずにいる事を利用し来訪を誘導、腹の子を来訪で懐妊した皇帝の子と偽る。 それは清の第5代皇帝の雍正帝の時代の幕開けと同時に、皇帝の寵愛を巡る妃嬪たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあった。

13
女 宮廷 の 諍い 女 宮廷 の 諍い

玢児 演 - 李群 熹貴妃の実家で仕えていた侍女。 武家豪族の家柄を鼻にかけ選秀前から傲慢な態度である。 事実は不明。

7
女 宮廷 の 諍い 女 宮廷 の 諍い

如意 演 - 汪晴 敬貴妃の侍女。 雍正帝の疑心が再燃する。

3
女 宮廷 の 諍い 女 宮廷 の 諍い

その後、第六皇子が亡き果郡王の子である事を確信。 この帝の寵愛を受けるために、妃嬪たちの激しく哀しい諍いが始まります。

19
女 宮廷 の 諍い 女 宮廷 の 諍い

甄嬛の父・遠道と共に、年将軍粛清に携わっていた。 病床の皇帝の怒りを買い、死罪を言い渡された。 後半いろいろあります。

2
女 宮廷 の 諍い 女 宮廷 の 諍い

後に冷宮で気が狂い、ボロボロの姿で割れた鏡をのぞき込みうっとりする様子が描かれる。

18
女 宮廷 の 諍い 女 宮廷 の 諍い

甄遠道 演 - 甄嬛の父。 選秀女の直前に隆科多から「皇帝(当時 )は青色がお嫌い」と言われ、青色の衣装を着て宮女選びに挑んだが、実は康熙帝は青色が好きだったため、心ならずも妃嬪に選ばれてしまう。