青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を 青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を

13年前、あおいとあかねの両親は交通事故で亡くなった。 の執筆によるもので「脚本をもとに書き下ろした」と注記がある。 相手役の 吉沢亮さんは長編アニメーション映画の声優は初チャレンジということですが、予告編を観る限りとってもお上手…! 吉岡里帆さんも、よく耳を澄ませないとあかねの声をやっていることすらわからないほどのナチュラルさです。

12
青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を 青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を

吉沢亮が慎之介、吉岡里帆があかね、松平健が新渡戸団吉の声を演じるなど豪華俳優陣が声の出演。 端的に言って、どれもこれもガキ向けで見るに堪えない。

青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を 青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を

エンドロールでラストシーン以後の写真が何枚か映るが、それで慎之介とあかねが結婚するのは分かるが、慎之介は演歌のバックバンドを続けているのか、違う道に行くのかが不明で単にハッピーエンド的なカットだけ見せられてもなぁとは思う。

青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を 青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を

しんのは見えない壁を押し始め、それを見たあおいも全力でしんのの手を引くと、しんのはお堂から外に出ることができた。 私も、え?飛ぶの?やっぱり飛ぶよね、ハヤオじゃなくても、飛ばしたいよね、と最初は思いました(笑) しかし見直してみると、このシーン、しんのも囚われていた、お堂という「場所」から自由になり、思う存分に、飛翔し、回転し、急落するこの高揚感と解放感!空の青さと、俯瞰する自然の美しさ。 公開3週目の10月26日-10月27日には10位に下がったが、動員33万人、興収4億円を突破している。

青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を 青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を

それは、10代の若々しい頃のまっすぐな(好きな人への)気持ちを、(「じじい」と蔑称と呼んでいた)慎之介が取り戻したからなんでしょうね。 脚本家・岡田麿里の独特のクセとは? ちょっと脚本家の岡田麿里について語っておきましょう。

11
青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を 青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を

個人的にアニメの声を本業の声優さんではなく俳優の方が担当することに関しては、あまり良い感情を持っていません。

青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を 青 さ 人 知る の 空 よ 評価 を

でも、あおいはそのことに負い目を感じて生きていたのだ。

17